光衛星通信とAI:通信の破壊的革命と6Gを超える未来

AIとインターネット

光速の通信:新たなフロンティア

あなたがこの記事を読んでいる間にも、無数のデータが地球を駆け巡っています。5Gはすでに存在しますが、基地局の整備がまだ完全には整っておらず、その恩恵を十分に受けていないのが現状です。しかし、新たな技術の組み合わせ、すなわち光衛星通信とAIが、6Gをはるかに超える通信の未来を実現する可能性があります。


低軸道衛星:6Gを超えるカギ

従来の衛星通信は地球から約3万6000キロの高度で行われていました。これは、地球を約9回周回する距離に相当します。一方、低軸道衛星は500-2000キロの高度で通信を行います。これは、東京から大阪までの距離を約5回から20回往復する距離に相当します。つまり、低軸道衛星は従来の衛星よりもずっと地球に近い位置で通信を行います。アメリカではすでに4000基以上の低軸道衛星が投入されており、将来的には4万2000基の投入が予定されています。


光衛星通信とAI:通信の効率性と信頼性の向上

光衛星通信とAIが低軸道衛星に組み込まれることで、通信の効率性と信頼性が大幅に向上します。これらの技術の組み合わせにより、我々は前例のない速度と容量でデータを送受信することが可能になるでしょう。


通信の破壊的革命:既存の通信業界への影響

この技術の進化は、既存の通信業界に痛手を与える可能性があります。au、docomo、楽天などの企業は、基地局への大規模な投資を行っていますが、光衛星通信などが宇宙から直接ネットをつなぐ未来が近づいているため、これらの投資が無駄になる可能性があります。この観点から、有名なホリエモンも同様の意見を述べています。


結論:通信技術の未来

光衛星通信とAIは、通信技術の未来に大きな影響を与える可能性があります。これらの技術がどのように社会全体を変える可能性があるかについて、我々はこれから見ていくことになるでしょう。

テックアカデミー無料メンター相談

コメント